平成25年省エネ基準適合の自然素材住宅。横浜、神奈川の工務店、ハウスメーカーなら。

mof. ~モフ~

資料請求・お問い合わせ

0120-88-3699 “ホームページでモフを見た”とお伝えください。

断熱性能

断熱性能が高く、1年中快適に過ごせる家

断熱性の高い家は、室内の温度が室外の温度に左右されにくくなるので、室内の温度が一定に保たれ年中快適に過ごすことができます。断熱性能は、心地よく暮らせるかどうかを左右する大切な要素なのです。

断熱材によって断熱性能が変わります

断熱は、建物が出来上がってからは見えない部分。そして外装や内装と違って、リフォームする場合、費用がかかってしまう場所になります。断熱材選びは、ぜひ慎重にしていきたいものです。
mof.<モフ>では、断熱材として自然由来の羊毛断熱材をおすすめしています。それは、自然素材だから、という理由だけではありません。羊毛は、断熱材としても優れているからです。

ウールは断熱材としても優秀な自然素材です ウールは断熱材としても
優秀な自然素材です

ウールは断熱材に最適な構造を持っています

ウールは、繊維1本1本にクリンプ(縮れ)を持っています。その特殊な構造によって多くの空気層が生まれ、高い断熱性と保温性が得られます。羊毛が、広い地域、多くの部位(屋根、壁、天井、床など)で平成25年省エネ基準を満たす断熱材として使われるのはそのためです。
また、断熱材を評価する上で見逃されているのが「弾力性」です。mof.<モフ>が採用している羊毛断熱材は、形状が柔軟で弾力性があり、枠の中に確実にフィットすることですき間を生じさせません。どんなに優れた断熱材であっても、すき間があると、断熱性能が低下してしまいます。その点、羊毛断熱材なら安心です。

モデルハウスでは、断熱材の性能を比較できます モデルハウスでは、
断熱材の性能を比較できます

平成25年省エネ基準の等級レベル4に認定

mof.<モフ>の羊毛断熱材は平成25年省エネルギー基準で等級レベル4に適合しています。
なお、平成25年省エネ基準とは2013年4月に施行された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断基準」と「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の設計及び施工の指針」のこと。
また、羊毛断熱材は、ウールの持つ調湿性が壁内結露を防ぐことが科学的に証明されており、断熱材の室内側に防湿層を設けない構造方法が許されています(いわゆる防露認定を受けています)。

高い断熱性で、夏涼しく、冬暖かい家を実現 高い断熱性で、
夏涼しく、冬暖かい家を実現

熱伝導率、熱抵抗率とは?

断熱材の性能を語る時によく出てくるのが熱伝導率/熱抵抗率という言葉です。
熱伝導率は、どれ位熱が伝わりやすいか、という指標なので、小さい値であるほど断熱性が良いと言えます。また、熱抵抗率は熱の伝えにくさを表す数値で、数値が大きいほど熱を伝えにくく、断熱性能に優れた材料であるということができます。mof.<モフ>がおもに採用している羊毛断熱材の熱抵抗率は2.27m²・K/W。高性能グラスウールと比較しても軍配が上がるほど、熱を伝えにくい素材なんですよ。

資料請求・お問い合わせ

mof. ~モフ~

このページのトップへ