天然由来の塗料で建てる家。自然素材の注文住宅を横浜、神奈川でお探しなら。

mof. ~モフ~

資料請求・お問い合わせ

0120-88-3699 “ホームページでモフを見た”とお伝えください。

天然由来の塗料

天然由来の塗料を使って見えないところまで「健康住宅」に!

mof.<モフ>は、建材だけでなく、塗料まで自然素材にこだわります。「リボス社」というドイツ最大手の自然塗料メーカーの商品を主に採用しています。

リボス社の自然健康塗料とは

mof.<モフ>で採用している塗料は、ドイツのリボス社のものが中心です。実はこの会社、もともとは世界的に有名な教育芸術家のルドルフ・シュタイナーのお弟子さんたちが、シュタイナー哲学の「自然と調和し、人間を育てる」を理念に自然塗料の開発に取り組んだことがはじまりです。それはまだ世界が「エコロジー」に関心を寄せていない1974年のことでした。
その後、研究を重ね、「自然のものでも健康障害を引き起こす成分」を排除し、「自然塗料」を「自然健康塗料」へと進化・向上させました。

完全に成分が明らかにされているから安心

リボス社は、信念を持った会社です。下記のようなコンセプトを掲げ、成分を100%明示した塗料づくりをおこなっています。
【リボス社のコンセプト】 ・ 自然素材の活用による石油エネルギーからの転換を図る
・ 自然素材であっても人体に有害なものは使用しない
・ 全製品(サンプルなども含む)の成分を完全に公開する
・ 消費者が健康被害を未然に防ぐための情報公開を行う

また、品質が不安定な自然素材だからこそ、「全数検査」を行い品質管理に努めるなど、現状に満足せず、日々、研究を重ねより良い製品作りを目指しています。そんなリボス社の塗料は、人や環境にはもちろんのこと、木にとっても最高の“ご馳走”です。日々の暮らしの中で、実は、直接肌に触れることが多い塗料。ぜひ適切なものを選びたいものです。

広大な亜麻畑の中にあるリボス社の社屋 広大な亜麻畑の中にあるリボス社の社屋

奥深い塗料の世界―“適材適所”の塗料選び

リボス社の塗料の成分は生物化学・毒物学・生態学・微生物学に基づき、「健康、環境」両面の適正性に照らし選択されています。中心的な原料となっているのは「亜麻仁油」です。契約農家で有機栽培されたものを使用し、トレーサビリティ向上を図るなど、その管理体制は「食品レベル」。こうして徹底的なこだわりで作られたリボス社の塗料は、今では室内外の木部・木質部や、コンクリート、ウッドチップ壁紙、合板などの壁、など場所や素材にあわせて多種多様です。それをいかに使うか、という施工側の知識も必要となってきています。
私たちは、これまでの経験をもとに、適材・適所の塗料を選択して参ります。
※人体に影響がなく、自然環境への配慮も行われている、とても安心な塗料ですが、重度のアレルギーをお持ちの方は、ご相談ください。成分表をお渡しします。

塗料までこだわるのが難しい場合は
お気軽にご相談ください

住宅に使われる塗料やワックスは、多種多様のものがあります。mof.<モフ>は自然素材の家なので、できる限り、人体に影響のないものをお勧めしております。
しかし、ご予算などの都合上、「塗料まではこだわれない…」という場合もあるかと思います。その際には、ご予算の範囲内でできるだけ、健康塗料に近いものをご提案することも可能です。
まずは、お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

mof. ~モフ~

このページのトップへ